YouTubeの動画撮影におすすめ 小型カメラの選び方

映画風ホームビデオ「ふたりclip」のカメラ・撮影機材まとめ

カメラマンのかつを君と被写体モデルのしおちゃんの二人によるYouTubeチャンネル「ふたりclip」。
落ち着いた雰囲気のホームビデオ風の動画が人気でチャンネル開設から一年足らずで登録者10万人を超えています。

カメラマンのかつを君が撮影しているということもあって映像やインスタの写真のクオリティがとても高いです。
そんな「ふたりclip」が使用しているカメラや機材を紹介。

ふたりclipのカメラ・撮影機材

写真撮影用カメラ

ふたりclipの写真撮影用のメインカメラはフジフィルムのX-Pro3です。
X-Pro3はフジフィルムのAPS-Cセンサー搭載のミラーレス一眼カメラで写真撮影機能に特化した珍しい機種です。
現代のカメラはデジタルで便利な機能が詰め込まれていますが、このX-Pro3はあえてフィルムカメラ時代の使い勝手を再現できるようなアナログ風な操作感が魅力のカメラです。
まさに「撮影する楽しさを思い出す」ことができるカメラだと思います。
インスタの写真のほとんどはこのカメラで撮影されているようです。

created by Rinker
富士フイルム
¥242,000 (2024/06/22 09:44:34時点 Amazon調べ-詳細)

動画撮影用カメラ

YouTubeの動画撮影用カメラはフジフィルムのX-T4を使用しています。
同じフジフィルムのカメラですがこの機種は動画性能が非常に高く、最大で4K 60p 10bitの撮影ができます。
バリアングル液晶搭載で自撮りもしやすく、ボディ内手ブレ補正も搭載されているので手持ちでの撮影でブレを気にせず撮影できます。

created by Rinker
富士フイルム
¥198,000 (2024/06/22 09:44:35時点 Amazon調べ-詳細)

レンズ

X-Pro3とX-T4は同じフジフィルムのXマウントで、レンズを使い回すことができます。
ふたりclipの動画で使われているレンズは主に以下の2つです。

動画ではXF 18-55mmのズームレンズをメインで使われています。
広角から中望遠までカバーしているので動画ではとても使いやすい画角のレンズです。

created by Rinker
富士フイルム
¥92,800 (2024/06/22 09:44:36時点 Amazon調べ-詳細)

XF 35mm F1.4はフジフィルムの定番中の定番レンズです。
標準画角でf値も1.4で明るくボケやすいレンズです。
このレンズは主に写真用に使われています。

created by Rinker
富士フイルム
¥78,830 (2024/06/22 09:44:36時点 Amazon調べ-詳細)

またオールドレンズのSuper takumar 55mm f1.8もインスタの写真用によく使われています。
このレンズだと現代のレンズにはないようなフレアが出たりエモい感じの表現ができます。

created by Rinker
¥14,280 (2024/06/22 09:44:37時点 楽天市場調べ-詳細)

気軽なVlog撮影用カメラ

普段はフジフィルムのガチ機材で撮影されていますが気軽なVlog撮影時にはGoPro Hero 9を使用されているそうです。
GoPro Hero 9からは自撮り用のモニターも付いてより使いやすくなりました。
今後Goproで撮影されたアクティブな動画も見てみたいですね。

created by Rinker
GoPro(ゴープロ)
¥32,800 (2024/06/23 09:24:34時点 Amazon調べ-詳細)

フジフィルムを愛用する理由

ふたりclipのお二人がフジフィルムを愛用する理由は「色味」と「かっこよさ」ということです。

フジフィルムはフィルムをずっと作ってきた会社ということもあり、色へのこだわりが強いです。
フジフィルムのミラーレスカメラには「フィルムシミュレーション」という色々なフィルムのカラーを再現する機能が搭載されています。

そしてデザインのかっこよさですね。
フジフィルムのカメラはクラシカルな見た目で操作系もアナログ風なのが魅力です。

ふたりclipの動画でもよく出てくるフジフィルムの使い捨てフィルムカメラの「写ルンです」。
現代の高性能なカメラでは表現できない「エモさ」であったり、現像するまでどんな写真になっているのかという楽しみもあります。

created by Rinker
富士フイルム
¥2,580 (2024/06/23 08:26:12時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です